• ホーム
  • 保湿ケアを丁寧にしても改善できない乾燥肌には漢方もおすすめ

保湿ケアを丁寧にしても改善できない乾燥肌には漢方もおすすめ

もし乾燥肌が酷く、なかなか改善しない場合はそもそも肌が乾燥しているという体質かもしれません。体質の場合は西洋医学ではどうしようもなく、当然スキンケアでも後からケアをするしかない現状があります。この場合は東洋医学、特に漢方を使うことで何らかの改善がみられるかもしれません。

漢方とは、中国を由来にもつ医学である東洋医学の一種です。そもそも西洋医学が直接ダイレクトに病気の元を治療しようというのに対して、東洋医学はその人の体質を改善して調子を整えたり、鍼灸や様々なエキスなどによって調子を整えようという考え方になります。中国の伝統医学となっていますが、現代では病気未満ではあり原因も特定できないが調子が悪い体の諸症状を改善するために使われています。

実は乾燥肌もそもそも治療する事ができず、その人の体質となっています。体質を整えるためのアプローチの一種であり、様々な生薬をブレンドした漢方薬を取ることで改善するかもしれません。特に体の作用に働きかけてくれるので、直接原因が分からない西洋医学では難しいような症状も改善してくれます。

乾燥肌についてとても有名な漢方薬は、当帰飲子という薬です。これは乾燥肌やお肌のかゆみ、なおかつ冷え性の人に向いています。比較的女性の肌悩みや日常の体の不調に影響をもたらす薬なので、健康に少し詳しい人や漢方薬に詳しい人には有名な薬でしょう。特に季節に関わらず乾燥しているような人や冷え性の人、年齢を重ねることで影響が出てきた人にはおすすめです。

乾燥肌だけではなく肌のきめや肌荒れ、イボなども気になるようなら、ヨクイニンという漢方も選択肢に入るでしょう。ヨクイニンとはハトムギの種のことで、スキンケアやサプリメントの美容成分の中にハトムギエキスが入っていることからも、効果は実証されています。実はむくみや老廃物の排出にも影響をもたらす事がありますので、むくみ対策や体の何となくの体調不良にも影響を及ぼす事があるでしょう。

気をつけたいのは、漢方薬はある程度効果があるものの、すぐに効果が出る西洋医学とは違うものだという事です。ある程度飲み続けることが必要です。効果としては2週間ほど飲み続けることで効果が出る場合が多いので、すぐに効果が出ないからとやめてしまうのはもったいないでしょう。また、妊娠中や病気の治療中、持病やアレルギーがある人の場合は必ず医師に相談してから服用してください。